2014-05-09

動きをよくしよう!

こんばんは。いいんちょのけりぃです。


”オレって足遅ぇぇ!”って思ったことないですか?


僕は毎回思っています。いや歳のせいだけでなく。


皆さんの足を早くすることは出来ませんが、スタートを早くすることは可能なんです。

まずはこちらを。

※彼の足の動きに注意して下さい。

video
何か気づきませんか?


相手のラケットにボールが当たる前にステップして、当たる瞬間には着地しています。
そして着地した瞬間、すぐに次の動きに入っています。

これを”スプリットステップ”と言います。

これ実はテニスをする上でめちゃくちゃ重要なんです。

例えるなら、棒立ちのままで走り出すのと、クラウチングスタートで走り出すことの違いのような感じです。

元々足が速い人は、それなりにボールに追いつくことができますが、ショットの方向の読みや、動きの用意が出来ていないためにただ闇雲に走ることになり、試合では時間を追うごとに疲れがどっと出てきちゃいます。

そこでスプリットステップです。

スプリットステップは文字通り”踏むもの”です。
決してジャンプしてはいけません。


相手のラケットにボールが当たる前にステップを開始。
(ちょっとだけ前に飛び出す感じで)


相手のラケットにボールが当たった瞬間に着地。
(やや足を開いた状態で着地します)


着地した瞬間に膝が曲がり、腰が落ちるので、次の動作への移動がスムーズになります。


ここで大事なことは、”ボールを良く見る”ことです。

”相手がどこに打ってきてもいいように”、”どんなボールが来ても反応できるように”というのが根本にあります。

そうすると本来は自然と下半身が落ちた状態での構えになるわけです。
この”構え”を助けるのがスプリットステップだと考えて下さい。

因みに錦織選手の練習風景を。


video



完璧なスプリットステップですね。


これを踏まえた上で、僕が所属しているサークルの練習風景を。


video
頑張るレイディース達です。




video


論外編番外編



時間はバックハンドについて書いてみたいと思います。


※毎週土曜日午前中はQueen Elizabethで希望者のみを対象に練習会を行います。
ご希望の方はどうぞお気軽にご連絡下さいね。



ではみなさんHave a nice weekend!